ここから本文です

【アイビスSD】ベルカント史上2頭目の連覇へ!昨年より順調な気配

デイリースポーツ 7月28日(木)7時0分配信

 「アイビスSD・G3」(31日、新潟)

 連覇の懸かるベルカントがさらに上昇気配だ。27日、馬なりながら、軽快なフットワークで栗東坂路を駆け上がり、ドバイ帰りの一戦をひと叩きされた効果をうかがわせた。目下、千直で連勝中のプリンセスムーンも栗東坂路で好時計をマーク。勢いそのままに重賞Vを狙う。

 連覇へ向けて視界良好だ。ベルカントは栗東坂路で単走追い。外ラチ沿いを走らせ、手綱は抑えられたまま。馬なりだったが、四肢を伸ばした軽快なフットワークで4F53秒7-38秒2-11秒8を計時した。

 角田師は「前走時は息遣いがもうひとつで使って良くなる感じだった。今回は昨年のアイビスサマーダッシュを勝った時の出来にある」と、ドバイ遠征明けだったCBC賞(3着)を叩いた効果を強調した。

 初めての千直だった昨年が見事な勝ちっぷりだった。ただ昨年は、前哨戦のCBC賞を直前の右肩部挫創で取り消している。指揮官は「今年は競馬を使って、うまく仕上がった」と、順調度で前年を上回ることに満足そうだ。

 M・デムーロはテン乗りだった昨年のアイビスサマーダッシュ以来、2度目の手綱を任された。2馬身差の完勝だった会心のレースを「(コース的に有利とされる)外枠(14頭立ての(13)番)だったし、強かった。1000メートルも合う。右にモタれると聞いていたけど、左へ行った。でも、そんなに悪い癖じゃない」と振り返る。

 自身も昨年のこのレースが日本で初めての千直体験だったが、これまでに〈2101〉と得意にする。「外枠(を引くこと)が大切。ネロはすごいスピードだけど、自分のペースで運びたい」。二の脚は速いが決して一本調子ではなく、追ってからも味がある“千直巧者”を信頼した。カノヤザクラ(08、09年)以来となる史上2頭目の連覇を誓う。

最終更新:7月28日(木)7時32分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]