ここから本文です

低年金者給付金制度と介護保険料軽減実施を 民進党 岡田代表

エコノミックニュース 7/28(木) 17:05配信

 民進党の岡田克也代表は28日の記者会見で、安倍晋三総理が福岡市内での一億総活躍・地方創生全国大会での講演で、経済対策について「未来への投資」と言ったことや「投資なくして成長なし」と言ったことに触れ、「選挙前に(一定条件の下で低年金者らに)3万円を給付したが、今度はどのように給付するのか、一時的なバラマキに過ぎない。それがなぜ投資なのか。違和感を覚える」と語った。

 岡田代表は「参院選挙でも言ってきたが、給付をするかしないかが、その時の政権の判断で決まるような不安定なバラマキはほとんど意味がない」とし「制度として確立させ、将来に対して安心感を与えるものであれば意味はある」と制度設計したうえで給付していくべきとした。

 岡田代表は「低年金者に対する給付金制度、介護保険料の軽減措置、この2つを実施すると財源は年間7000億円程度になると思うが、財源を確保し、来年4月からきちんとやっていくということをアナウンスすることが安心感や消費増につながる」と低年金者に対する給付金制度や介護保険料の軽減措置を来年度から行うよう、財源確保の制度設計を含め、実施することが消費増につながるとの考えを示した。

 岡田代表は「一時的なバラマキ(給付)には持続性がなく、未来への投資とは真逆のもの」と安倍総理に再考を求めた。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:7/28(木) 17:06

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。