ここから本文です

EXILE・NAOTO、迫真のエンディングダンスのメイキング公開!「ナイトヒーローNAOTO」

cinemacafe.net 7月28日(木)18時30分配信

EXILE NAOTOが本人役で挑みリアルとフィクションが入り混じった新感覚ドラマとして話題を集めた、ドラマ24「ナイトヒーローNAOTO」のBlu-ray&DVD BOXが9月14日(水)よりリリース決定。この度、各話ごとに異なるダンス・メンバーで披露され話題となった“エンディングムービー”のダイジェスト映像が公開された。

【画像】「ナイトヒーローNAOTO」場面写真

国民的グループ「EXILE」メンバーで「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」のリーダーでもあるNAOTOさんが、あることがきっかけで不本意ながらもヒーロー・ソウルマンとしての活動を余儀なくされ、犯罪者に泣き寝入りする社会的な弱者を救うために、日夜悪者退治に奔走する姿を描いた本作。NAOTOさんのパフォーマーならではの圧巻のアクションシーンも見どころだが、ドラマ各話のエンディングとして、NAOTOさんほかパフォーマーによって繰り広げられるダンス映像“エンディングムービー”が、各話ごとに異なるダンス・メンバーで披露されたことも大きな話題となった。

この度、ドラマエンドロールで放送されていた、NAOTOさんと世界的なダンサーたちとのダンスシーンをノーカットバージョンで収録した映像特典のひとつ「ENDROLL DANCE SPECIAL EDIT」から、未公開映像が初公開。NAOTOさん本人の希望で、ドラマ全11話、11種類の異なるダンスジャンルで構成されたダンスシーンは、Blu-ray&DVD特典映像で見ると、実は1カットで繋がって見えるダンスストーリーに仕上がっており、その収録の様子が伺えるメイキングの一部が明らかになった。

NAOTOさんは「いつかダンスをやらせていただいている身として、何か映像作品として残したいという願いがありました。HIROさんのアイディアもあり、11種類の異なるジャンルのダンスで1つストーリーを作り上げたら面白いんじゃないか、と思ったんです」と、経緯を明かし、そして、世界的振付師ショーン・エバリストはじめ、「EXILE」メンバーや数多くの有名ダンサーの参加が実現。「みんなに協力していただけませんか? というお話をしたら、ぜひ協力したいと言ってくれて。メンバー含め参加してくれた皆さんに本当に感謝の言葉しかありません。おかげさまで自分自身も納得のいくものになりました」と出来に自信を覗かせた。

撮影は、たった1日、3月上旬のまだ寒さが厳しい中で行われた。全てノーカットで撮影をするため、途中でつまずくと最初からやり直しに、しかも1日で11種類のダンス映像を撮影しなければならないため、時間との戦いだったという。ダンスとカメラのタイミング、各ダンサーの動き、カメラのアングルなど入念なリハーサルが何度も行われ、キャスト・スタッフの力を振り絞りダンスシーンが完成した。

特に、NAOTOさんは11種類全てのダンスシーンにメインとして登場するため、踊りきるための体力、疲労は想像を絶する。第6話のダンスシーンでは、NAOTOソロによるラストの「フィンガータット」のテイクを何度も重ねたという。「とにかくノーミスで、撮影スタッフのみなさんや出演してくださっているダンサーの方々、EXILE TRIBEのメンバーに迷惑を絶対にかけたくなかったので、撮影を一発で終わらしたかった。自分のミスで撮影がストップすることのないよう決めていたので、練習に練習を重ねて集中力で乗り切った一日でした。でも本当に幸せで楽しかったです。こうゆう映像作品が作れたことをいまでも幸せに思います」と充実した喜びを語った。


「ナイトヒーロー NAOTO」Blu-ray&DVDは9月14日(水)よりリリース。

最終更新:7月28日(木)18時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。