ここから本文です

民間投資誘導へ「年末に向け更なる優遇策」総理

エコノミックニュース 7月28日(木)17時8分配信

 安倍晋三総理は27日、福岡市内で開かれた一億総活躍・地方創生全国大会で講演し「投資なくして成長なし」との考えを強調し「国や自治体ができることには限界がある」と述べたうえで「大企業にも中小・小規模事業の皆さんにも未来を見据え、どんどん攻めの投資をしていただきたい」と呼びかけた。

 総理は投資を支援するため「この3年間で法人実効税率を7.03%引き下げた。赤字でも、成長のための投資を行う、中小・小規模事業者の皆さんには今年度から固定資産税を3年間半減する、新しい制度をスタートした」とした。

 そのうえで、安倍総理は「年末に向けて、大企業、中小・小規模事業者の皆さんの攻めの投資を後押しする、更なる対策を検討したい」と民間の設備投資促進策を検討する考えを示した。

 一方、政府として「農林水産業、インバウンド観光など未来の成長につながる分野、未来の成長のタネには大胆に投資したい」とも語った。

 総理は交通網整備に改めて意欲を示し「東京と大阪を1時間でつなぐ夢の超特急『リニア中央新幹線』の全線開通を財政投融資の積極的活用によって、最大8年間前倒しする。長崎新幹線を始め、全国の整備新幹線の建設も加速する」とした。

 総理は「日本の二大都市(東京・大阪)を大きなハブとしながら、全国に広がる交通インフラに投資することで、全国津々浦々を一つの経済圏に統合していく。そのことによって、地方創生のうねりを全国津々浦々まで広げていきたい」と語った。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:7月28日(木)17時8分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]