ここから本文です

富士の頂、感動も日本一 田部井さんと県内高校生ら

福島民報 7月28日(木)10時1分配信

 福島県三春町出身の世界的登山家の田部井淳子さん(76)が総隊長を務め、高校生が富士山(3、776メートル)登山に挑戦している「東北の高校生の富士登山2016登ろう!日本一の富士山へ」は27日、静岡県側の富士宮ルートから頂上へ向かい、県内の90人を含む93人全員が登頂に成功した。
 高校生は午前3時すぎに六合目の山小屋を出発し、雨や風に耐えながら足元の悪い岩場などを慎重に進み頂上にたどり着いた。
 最高標高地点の剣ケ峰を背に記念写真を撮るころにはそれまでの雨から一変して快晴となり、眼下に美しい雲海が広がった。8月11日が「山の日」に制定され初めて迎えた夏。最高の思い出をつくろうと参加した高校生は絶景を堪能し充実感に浸った。がん闘病中の田部井さんは七合目からエールを送り、登頂を果たした高校生を温かく迎えた。
 富士登山は山と渓谷社・日本山岳遺産基金と田部井淳子さんの主催、福島民報社などの後援。東日本大震災の復興支援として平成24年から毎年開催しており今回で5回目。

福島民報社

最終更新:7月28日(木)11時48分

福島民報