ここから本文です

手倉森日本48年ぶりメダル獲りへ結束 興梠発案シュラスコ決起集会

デイリースポーツ 7月28日(木)7時0分配信

 リオデジャネイロ五輪に出場するサッカー男子日本代表は26日、直前合宿中のブラジル北東部アラカジュで調整した。25日夜(日本時間26日)にはオーバーエージ(OA)枠でチーム最年長のFW興梠慎三(29)=浦和=が発案し、宿舎近くのシュラスコ料理店で選手だけの“決起集会”を開いた。ピッチ内外で結束を固め、48年ぶりのメダル獲得に挑む。

 最年長の自覚が、寡黙な興梠を突き動かした。選手だけの食事会を発案し、手倉森監督の許可を得た。チーム宿舎から徒歩圏内にある、地元でも評判のシュラスコ料理店で“決起集会”が行われた。

 「選手だけで話すこともたくさんある。テグさんがこういう時間を設けてくれた」

 当初、千葉県内で行われた事前合宿で提案していたが、選手がそろっていなかったため延期となっており、ようやく実現した。長テーブルに背番号順に座り、興梠が乾杯の音頭を取った。

 「変わってるなっていうヤツもいて、ゆとり世代というか。いろんな人間がいるんだなと思った」。笑顔の興梠は若手への理解が深まったことを実感し、同じくOA組の塩谷は「気分転換になったし、勝負の時は必要」と話した。「サラダがキレイだった」と独特の感想を口にした藤春も「だいぶ距離感が縮まった」とうなずいた。

 五輪を前に思いを一つにした。興梠は「目指しているところは一緒。一人一人熱いものを感じた。みんなのためにもメダルという結果が大切になる」と、あらためて本大会での躍進を見据えた。

 14年ブラジルW杯でも日本代表がシュラスコで決起集会を開いていた。「チームが一丸となった。一番年上だから積極的に話さないと」。頼れる“兄貴”が一役買って出たことで、結束はさらに強まった。

最終更新:7月28日(木)7時27分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]