ここから本文です

【高校野球】横浜がコールドで4強 エース藤平が2本塁打

東スポWeb 7月28日(木)15時35分配信

「第98回全国高等学校野球選手権」神奈川大会は28日、横浜スタジアムで準々決勝4試合が行われ、横浜は16―3の7回コールドで横浜隼人に勝ち、準決勝に駒を進めた。

 横浜のエース藤平は5回2安打3失点と投球では本来の安定感を欠いたものの、打っては2打席連続本塁打を含む4打数4安打7打点の大活躍でチームの快勝に貢献した。

 初回、藤平はいきなり四死球を連発し、ノーヒットで無死満塁のピンチを招くと、犠飛で先制される。2回にも四球で出塁を許し、横浜隼人の1番浅見に2ランを被弾。立ち上がりに課題を残した。

 それでも「ピッチングでチームに迷惑をかけていた。今日はバットでしっかり結果を残そう」と切り替え、2打席連続本塁打の大暴れ。6回にソロ、7回には高校通算21号の満塁弾をバックスクリーン左にぶち込み、二刀流ぶりをアピールした。

「いいイメージだったので、昨日はブルペンで20~30球しか投げなかった。いつもは40~50球投げるので、少し投げ込みが少なかった。それはこの試合で収穫になりました」と話した藤平。次は“本職”の投球でも、チームを勝利に導けるか。

最終更新:7月28日(木)15時35分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。