ここから本文です

新『スパイダーマン』は『ハリポタ』方式を採用か!1年ごとの成長描く

シネマトゥデイ 7月28日(木)20時6分配信

 『スパイダーマン:ホームカミング』から始まる映画『スパイダーマン』新シリーズは、『ハリー・ポッター』のように学校に通う主人公の1年ごとの成長を描くスタイルになるかもしれない。マーベル・スタジオの社長であるケヴィン・ファイギがColliderに語った。

【写真】新スパイダーマンの素顔

 『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年夏日本公開)は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でお披露目された新スパイダーマンを主人公にした新シリーズの1作目。トム・ホランド演じるピーター・パーカー=スパイダーマンは15歳の少年という設定で、メガホンを取るジョン・ワッツ監督(『クラウン』)も先日のコミコンで「ストレートなハイスクールムービーだ。思春期真っ只中の彼の成長を追うことになるんだ」と作品について説明していた。

 ファイギは「『スパイダーマン:ホームカミング』は高校2年の話。だから次は3年、その次は4年? 加えてそれぞれの間に夏休みがあったり?(笑) だけどこれが、僕たちのピーターの旅の描き方だ。(『ハリー・ポッター』シリーズの)ホグワーツの生徒たちが毎年体験していくようにね。それがこの映画をつくることになった際に出たアイデアだったんだよ」と明かした。これまでの『スパイダーマン』映画にはなかった新たな方向性だ。

 『スパイダーマン:ホームカミング』でのスパイダーマンの敵役は、原作ファンにも人気の高いヴァルチャー。誰が演じるのかはまだ発表されていない。(編集部・市川遥)

最終更新:7月28日(木)20時6分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。