ここから本文です

『リアルドライブ』が7月29日より、ラゾーナ川崎に期間限定で登場!

ファミ通.com 7月28日(木)13時41分配信

●全面スクリーンのスポーツ走行体感マシンが川崎にお目見え!
 バンダイナムコエンターテインメントは、東京・台場で開催されている“VR ZONE Project i Can”(10月中旬までの期間限定運営)にて好評を博したスポーツ体感マシン『リアルドライブ』を、神奈川・ラゾーナ川崎に期間限定で設置することを発表した。

 以下、リリースより。

----------

namcoラゾーナ川崎店に期間限定設置
 「東京モーターショー2015」、アムラックストヨタ様のテーマパーク「MEGA WEB」、弊社のVRエンターテインメント研究施設「VR ZONE Project i Can」 にて好評を博したスポーツ走行体感マシン「リアルドライブ」が、7月29日(金)より川崎駅直結のnamcoラゾーナ川崎店に期間限定で登場いたします。
 これまでにプレイされたお客様のプレイデータはそのままに、引き続きチューニング、ゲームデータの保存が可能です。
店舗:namcoラゾーナ川崎店(http://www.namco.co.jp/game_center/loc/kawasaki/(⇒こちら))
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 LAZONA川崎プラザ 4F
期間:2016年7月29日(金)~2016年10月31日(月)

「リアルドライブ」とは・・・
 「リアルドライブ」は、まるで実際に車に乗り込んでいるような臨場感で車の挙動を再現した、これまでにない新しい「スポーツ走行体感マシン」です。
 運転席からの視界を1/1スケールで再現した「180度視界のドームスクリーン」、本物の車を運転している感覚を実現する「6速シフト&3ペダル」と「実車さながらの挙動&運転フィール」、路面の凸凹やコーナリングの加重を体感する「可動シート」、実車が発する音をリアルに再現する「4.1chサラウンドスピーカーシステム/フロント2ch+シートヘッドレスト2ch+サブウーファー」によりスポーツカーでの走りを全身で体感できます。

 「リアルドライブ」では、レースを重ねながら運転の腕前を磨くとともに、マイカーを自分好みにチューニングしていくことができます。
 バンダイナムコエンターテインメントのゲーム共通で使用できるユーザー認証カード「バナパスポートカード」を使用すると連動WEBサイト(無料)にてチューニングを行うことができ、パーツ交換やセッティング調整をすることが可能です。

「リアルドライブ」のこれまでの歩み
 「リアルドライブ」はこれまでに「東京モーターショー2015」、アムラックストヨタ様のテーマパーク「MEGA WEB」、弊社のVRエンターテインメント研究施設「VR ZONE Project i Can」にて出展、運営をしてまいりました。
 それぞれの会場にて、
●かつてスポーツカーに乗っていた。でも、子供を持った今の自分の車はファミリーカー。
●昔からスポーツカーに憧れを持っている。でも、車を所有するほどの余裕はない。
●免許を取った。でも、今運転できるのは父親のファミリーカー。
●今、スポーツカー車に乗っている。でも、週末にしか乗れない、気軽には飛ばせない。
 といった、スポーツカーが好きだけど、今は乗りたくても乗れない、 10代~40代の男性を中心に、幅広い年代の方に大きな支持を得ることができました。



All trademarks and copyrights associated with the manufacturers, vehicles, models, trade names, brands and visual images depicted in this game are the property of their
respective owners, and used with such permissions. (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

最終更新:7月28日(木)13時41分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。