ここから本文です

オダジョー、妻・妊娠の祝福にほほえむ!

シネマトゥデイ 7月28日(木)20時22分配信

 俳優のオダギリジョーが28日、都内で行われた映画『オーバー・フェンス』東京プレミア上映会に腰痛のため杖をついて登場。先日、妻で女優の香椎由宇が第3子を妊娠したことを香椎の所属事務所が認めており、降壇時に記者陣やファンから祝福の声がかかると、オダギリは「ありがとうございます」とほほえんだ。

【写真】オダギリ、蒼井、松田…超豪華!

 本作は、映画『そこのみにて光輝く』などの原作者・佐藤泰志さんの同名小説を『苦役列車』などの山下敦弘監督が実写化した、一組の男女の物語。函館を舞台に、生きることに希望を見出せず、惰性に暮らす白岩(オダギリ)と、キャバクラで働く風変りなホステス・聡(蒼井優)との幻のような一瞬の夏を描く。

 持ち手がスカルの杖をついて登壇したオダギリは、「これはファッションでも何でもなくて、腰を痛めちゃいまして、つかせてもらっています。あまり気にしないでください」と説明しつつ、「東京で初めて皆さんに観ていただくということで、非常に興奮……と言えばちょっと大げさ、嬉しい……というとちょっと物足りない、ちょうど真ん中くらいだと理解してもらえればと思います」とあいさつ。

 本作のオファーを受けとき、「とても素晴らしい脚本で、これは演じたいと思えた」そうで、「またこういうこというと怒られる。いい意味で言っているんですよ」と釈明しながら、「台詞だけ言っているような作品も世の中にたくさんあると思いますが、台詞だけにとらわれず、それよりも役者がやらなければいけないことがたくさんあり、俳優として刺激を受ける台本だったし、監督も山下さんということで是非やりたいと思いました」と振り返った。

 作品に懸ける熱い思いを感じさせるオダギリだが、最後に「1つサプライズがある」と切り出すと、「初日の9(月)17(日)は諸事情で僕がいない。本当にこんなことあるのかと思うんですよね。自分が主演の作品で初日舞台あいさつに欠席しちゃう。こんなことが許されるのかと思うんですけど、今日をもって僕はこの場から消えることになるんです」とぶっちゃけ。しかし、「僕はこの作品が大好き」と訴えると、「各ニュースで主演がいないことを書かれるかもしれないけど、海外に行っていないからどうしようもないんですよ。すいません」とやむをえないことを強調し、事前に謝罪した。そして、「最後に一言だけ言わせてください。ロケンロール!」と内田裕也風に締めて笑いをさらった。この日は、蒼井、松田翔太、北村有起哉、満島真之介、松澤匠、鈴木常吉、山下監督も出席した。(取材/錦怜那)

映画『オーバー・フェンス』は9月17日よりテアトル新宿ほか全国公開

最終更新:7月28日(木)21時34分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。