ここから本文です

野村周平、実は「めっちゃ気にしい」な性格明かす 「自由だねって言われると傷つく…」

cinemacafe.net 7月28日(木)21時46分配信

映画『森山中教習所』の主演・野村周平と豊島圭介監督、原作漫画を手掛けた真造圭伍が公開初日から約3週間を経た7月28日(木)に都内劇場にて舞台挨拶を行なった。

【画像】主演の野村周平

ひょんなことから再開した高校の同級生で大学生の清高とヤクザになった轟(とどろき)の、山奥にある謎の自動車教習所でのひと夏を描き出す。

この日、東京の梅雨明けが宣言されたが、野村さんは「夏バテしてます。公園を自転車で走ってたら頭が痛くなっちゃって…」と熱中症になりかけたことを明かしつつも、ハイテンションでトークを盛り上げる。

清高というキャラクターについて、豊島監督は「漫画の絵を見ても、何を考えているか分かんなくて、漫画で成立していても映画の生身の俳優でどうしようか? と思ってました」と苦労を述懐。それでも「最初の清高が松田さん(岸井ゆきの)をふるシーンを、野村君が微妙な塩梅でやってくれて『清高の実写ってこういうことか』と逆に野村くんに教えてもらった」と明かす。

一方の野村さんは、そんな監督の苦労もどこ吹く風で「漫画を読んで、すごく映画向きだなと思いました。変な生物も出てこないし、火星にも行かないし。僕自身、お芝居するときは楽しければ何でもできるし、楽しくないと何もできない。清高も現場で楽しく作り上げていきました」と飄々と語っていた。

原作者の真造さんから「清高と似てるところはある?」と問われると、野村さんは「似てるようで似てなかったり…。でも、こういうワケ分かんないヤツは得意です。僕も他人からよく分かんないヤツに見られるんで。『何考えてるか分かんない』『自由だね』って言われるけど、一番傷つきます(苦笑)。実はめっちゃ気にしいのAB型なんで…」と本音を漏らした。

事務所の先輩でもある賀来賢人と元同級生役で共演することに緊張やプレッシャーもあったそう。特に清高が泥酔するシーンでは「酔っぱらってる芝居、大丈夫かな? と気になった」と“先輩”の視線が気になったと明かす。一方で、麻生久美子、岸井ゆきのとの共演について問われると「『麻生さん、キレイだな』『岸井ちゃん、かわいいな』と思ってました」と再びノリノリで語り笑いを誘う。

ちなみに、清高は童貞か否か? が監督にとっては重要なテーマであり、悩んだポイントだったそうだが、豊島監督は「漫画では童貞っぽいけど野村周平が演じるとどうなのか? でも、ある女性スタッフが『童貞じゃないと信用できない』というのでそうなった」と明かした。これに野村さんは「よかったです(笑)。そういうのよくわかんないんで」ととぼけた口調で語り、会場は再び笑いに包まれた。

『森山中教習所』は全国にて公開中。

最終更新:7月28日(木)21時46分

cinemacafe.net