ここから本文です

『ショーシャンクの空に』あの木、倒れる

シネマトゥデイ 7月28日(木)21時22分配信

 映画『ショーシャンクの空に』(1994)に登場する有名な木が、強風のために倒れてしまったと23日(現地時間)にCNNなどが報じた。

【写真】文句なしの名作『ショーシャンクの空に』

 米オハイオ州のマンスフィールドにあった樹齢200年の木はただの木ではなかった。自由のために希望を捨てない男アンディ(ティム・ロビンス)が主人公の映画がいよいよラストへと向かうシーンで、アンディの友人レッド(モーガン・フリーマン)が訪れたのが、この立派な木の根元だった。映画のヒット以来世界的に有名になったこの木の元には毎年多くの観光客が訪れていたそうだが、5年前には落雷によって木の一部が傷つけられ、22日(現地時間)に強風のため、遂に倒れてしまったという。

 マンスフィールドの観光協会に勤める女性は「私は健在だった頃の木を見ることができてよかった。でも切り株さえあれば、これからも観光客は訪れてくれると思う。だって希望はいいものだから。そしていいものは決して滅びないから」とCNNのインタビューに答えている。(編集部・海江田宗)

最終更新:7月28日(木)21時22分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。