ここから本文です

アラジン、ジャスミン、ジャファーが!「ワンス・アポン・ア・タイム」に登場

シネマトゥデイ 7月28日(木)22時32分配信

 テレビドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム」の第6シーズンに、アラジン、ジャスミン、ジャファーが登場することが米サンディエゴのコミコン・インターナショナルで発表された。

シンデラの美麗コスプレイヤー…コミコンフォトギャラリー

 アラジンを演じるのはテレビドラマ「グレイスランド 西海岸潜入捜査ファイル」でウェイン・“ベーツ”・ゼランスキーを演じたデニス・アクデニス。テレビドラマ「ラッシュアワー」の第6エピソードにもハッサン役でゲスト出演している。ジャスミンを演じるのは映画『エージェント:ライアン』に出演していたカレン・デヴィッド、ジャファー役には「コバート・アフェア」のオデッド・フェールがキャスティングされている。

 新シーズンにはギリシャ神話の夢の神モルフェウス(ジャイルズ・マッシー)のほか、モンテ・クリスト伯(クレイグ・ホーナー)も登場する予定。「ワンス・アポン・ア・タイム」の第6シーズンは9月25日からアメリカでスタートする。(澤田理沙)

最終更新:7月28日(木)22時32分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。