ここから本文です

「挑戦者の気持ちで臨む」 聖光野球部松本主将ら知事に抱負

福島民報 7月28日(木)11時41分配信

 第98回全国高校野球選手権大会に出場する聖光学院高野球部の関係者は27日、福島県庁を訪れ、内堀雅雄知事に抱負を語った。
 松本康希主将は「春の敗戦がなければ(夏の大会の)優勝は果たせなかっただろう。甲子園では挑戦者の気持ちで一戦一戦大切に臨む」と言葉に力を込めた。斎藤智也監督は「これまで培った粘りを生かし一試合でも多く戦う」と述べた。
 内堀知事は「10連覇の偉業達成に敬意を表する。胸を張ってベストを尽くしてほしい」とエールを送り、激励金を手渡した。
 新井秀校長、横山博英部長が一緒に訪れた。

福島民報社

最終更新:7月28日(木)11時52分

福島民報