ここから本文です

原口 金本以来1イニング5打点!球団新10連打イッキ9点呼んだ

デイリースポーツ 7月28日(木)9時0分配信

 「阪神9-0ヤクルト」(27日、甲子園球場)

 超変革打線が、虎の歴史を塗り替えた。阪神は四回に打者14人の猛攻で、球団新記録となる10連続打数安打をマーク。一挙9得点で今季4度目の3連勝を飾った。原口文仁捕手(24)は先制の左越え3ランに左前2点適時打で、2003年の金本知憲以来となる球団タイ記録の1イニング5打点を挙げた。夏本番を迎えて、やっと金本阪神が活気付いてきた。

【写真】大勝!完封の能見とガッツポーズ

 思いを込めた白球が、浜風に乗りグングン伸びていく。四回無死一、二塁の好機。フルカウントから杉浦のフォークをすくい上げ、原口は一塁へ駆けだした。4万6136人の大観衆が、打球の行方を祈るような目で見つめる。勝ちたいという執念は、届いた。

 「(バットの)芯は芯だったんですけど、少しこすっていたので。球場の雰囲気が、一体感がそうさせてくれました。ウル虎の夏、最高ですね!」

 左翼席最前列に飛び込む9号先制3ラン。さらに、打者一巡して再び打席に入った1死満塁では、2番手・中島から左翼へ2点タイムリー。自身初、1イニング5打点は03年5月31日・巨人戦(東京ドーム)で、金本知憲が記録して以来の快挙。また、この回はチームとしても球団新記録の10連続打数安打、一挙9得点のビッグイニングになった。

 夢のオールスターに出場した2試合、原口は自身の成長のためどん欲に吸収しようとしていた。昨季ゴールデングラブ賞のヤクルト・中村に何度も質問をぶつけた。「毎日試合に出て疲れもあると思うんですけど…」。球宴というお祭りの中、真剣な表情で耳を傾けてくる後輩に、中村も感じるものがあった。

 「初めてのオールスターなのに、僕だけじゃなくいろんな選手に話を聞きに行っていたんです。すごいなぁと思いましたね。僕ももちろんそうですが、若い捕手は特に毎日勉強。僕も日々いろいろと経験していますけど、捕手として大事なところというか。原口君は、そういう部分を持っている気がします」

 背番号94に「試合が終わった後の気持ちの切り替え方が大切」と伝えたという。予定がなければすぐ宿舎へ帰り、マッサージなどを受けながらリラックスする。「捕手って、負けが続くとどうしても考え込んでしまうんです」。金言を授かり、原口は前を向いた。

 この日は能見を好リードで導き、今季初の完封勝利をお膳立て。金本監督は「捕手の力としてもよくやってくれた」と褒め称えた。

 今季4度目の3連勝でチームは勢いづき、聖地は再び六甲おろしに包まれた。原口は「ファンの方たちには楽しんでもらって、僕たちは切り替えて明日に向かっていきます」と力を込めた。プロ7年目の大躍進は、まだまだ止まりそうにない。

最終更新:7月28日(木)9時30分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]