ここから本文です

慰安婦支援財団の理事長、発足会見後に男からスプレー攻撃

WoW!Korea 7月28日(木)14時33分配信

旧日本軍の慰安婦被害者支援財団(「和解・癒やし財団」)のキム・テヒョン理事長が記者会見を終えて戻る途中、身元不明の男からカプサイシンスプレー攻撃を受けた。

 キム理事長は28日午前11時40分ごろ、ソウル市内にて「和解・癒やし財団」発足記者懇談会に出席し、財団設立の意義や今後の事業方向について説明した。

 記者懇談会が終わった昼12時20分ごろ、会場を後にし外に出ていたキム理事長の前に1人の男が奇襲し、キム理事長の顔へ向けてカプサイシンスプレーを噴射した。

 キム理事長は痛みを訴え、すぐに救急車に乗せられ病院へ運ばれた。

 警察関係者は「男を南大門警察署へ連行し取調べをしている」とし「犯行動機が何なのか、所属団体があるのかなどについて確認中だ」と述べた。

最終更新:7月28日(木)14時33分

WoW!Korea