ここから本文です

サッカー五輪代表、OA合流後初の練習試合 興梠ゴールもドロー

デイリースポーツ 7月28日(木)10時57分配信

 リオデジャネイロ五輪に出場するサッカー男子日本代表は27日(日本時間28日)、直前合宿中のブラジル北東部アラカジュでブラジル全国選手権4部のCSセルジッペと練習試合を行い、1-1で引き分けた。

 FW興梠慎三(29)=浦和=らオーバーエージ(OA)枠3人が合流してから初の実戦。日本は開始直後の前半1分、MF遠藤の縦パスをMF中島が落とし、走り込んだ興梠が巧みなループシュートでゴールネットを揺らした。

 開始40秒足らずで幸先良く先制した日本だったが、攻撃時にパスミスが多く、リズムをつかみ切れない。前半終了間際の45分には、自陣でボールを奪われると、右サイドから中央に折り返されたボールをMFラファエルに同点ゴールを決められた。

 日本は後半開始から7人を入れ替え、U-19世代のトレーニングパートナーも出場し、布陣を4-3-3などに変更した。DF植田のロングボールからMF矢島が決定機を迎えたが決め切れず、試合は引き分けに終わった。

 スタメンは以下の通り

 GK [1]櫛引政敏(鹿島)

 DF [4]藤春廣輝(G大阪)[6]塩谷司(広島)[15]亀川諒史(福岡)[17]岩波拓也(神戸)

 MF [3]遠藤航(浦和)[10]中島翔哉(FC東京)[14]井手口陽介(G大阪)[18]南野拓実(ザルツブルク)

 FW [13]興梠慎三(浦和)[16]浅野拓磨(アーセナル)

最終更新:7月28日(木)11時58分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]