ここから本文です

じゅんいち歓喜、オフィシャルで本田圭佑に携われる仕事舞い込む

お笑いナタリー 7月28日(木)12時14分配信

じゅんいちダビッドソンが筧美和子とともに、オーストリアのサッカークラブ「SVホルン」のオフィシャルサポーターに任命された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「SVホルン」はホルン市を拠点とする1922年創立のサッカークラブで、現在はオーストリア2部リーグに所属。サッカー日本代表・本田圭佑のマネジメント事務所が2015年より経営に参入しており、本田はクラブの実質的オーナーを務めている。

このたびアパート経営アプリ「TATERU」とSVホルンがスポンサー契約を結んだことから、同アプリの開発・運営を手がける株式会社インベスターズクラウドが昨日7月27日に記者発表会を開催した。じゅんいちは筧とともにSVホルンのユニフォームをまとって登場。サポーターに任命された感想を「オフィシャルで本田選手に携わる仕事が初めてできて大変光栄です。僕の中のリトル本田も喜んでおります。1部昇格のイメージは僕の中でできているので、筧さん、TATERUさんと一緒に熱く応援していきたいです」と語った。

最終更新:7月28日(木)12時14分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。