ここから本文です

菊田あや子、熟年スピード離婚の真相語る 夫のまさかの一言が引き金に

デイリースポーツ 7月28日(木)11時0分配信

 タレントで芸能レポーターの菊田あや子(56)が28日、フジテレビ系「ノンストップ」のインタビューに答え、結婚からわずか半年で離婚した決定的な出来事について告白。旅行に誘った菊田に対し「人に見られるじゃないか」と発言したことで、離婚に踏み切ったことを明かした。

 番組では熟年世代が結婚1年以内で離婚する「ジェットコースター離婚」について特集。菊田は出会って3カ月で10歳以上年上の男性と昨年9月にスピード結婚するも、今年6月にブログで「3月に離婚した」と報告した。

 結婚を決めた相手は友人の紹介で「若々しくて趣味も合う、立派な人だと思った」と述懐。4回目のデートで結婚を申し込まれたといい「早くてビックリした。でも(プロポーズは)人生初の体験でしたし、断る理由もなかった。舞い上がっていた」と、当時を振り返った。

 だが、結婚して数週間で価値観のずれに気づき始めた。夫から「ビールを買ってきたから飲んだら?」と声をかけられた菊田は「ビール!うれしい!」と喜んだところ、言葉遣いを注意されたことも。丁寧な言葉遣いを求められ、親しく話すことを嫌がる夫との生活に「全然くつろげなくなった」という。

 そして決定的な事件が起こった。旅行に誘った菊田に対し「人に見られるじゃないか」と断ったという衝撃的な出来事を告白。夫は家族にも菊田のことは紹介せず、周囲にも結婚のことは伏せていたという。

 この頃には体重も8キロも減ってしまい、菊田は家を出ることに。今はもう「得がたい経験をさせてもらった」と吹っ切れた表情を見せていたが、「熟年結婚を考えている人に一番言いたいことは、相手の暮らしぶり、金銭感覚、価値観をよく知ってから住み始めること。籍なんて最後でいい。熟年だからじっくりでいい」と訴えていた。

最終更新:7月28日(木)11時3分

デイリースポーツ