ここから本文です

北朝鮮からのビラ入りビニール 韓国北部の川でも発見

聯合ニュース 7月28日(木)14時59分配信

【抱川、鉄原聯合ニュース】韓国北部の江原道鉄原郡を流れる漢灘江の支流で28日、北朝鮮が流したビニール袋が見つかった。北朝鮮の体制を宣伝するビラが入っており、韓国軍が回収作業を進めている。

 軍によると、見つかったビラ入りのビニール袋は約10個。袋の中には22日に金浦市近郊の漢江で回収されたビラと同じような内容のビラが入っていたという。

 22日に回収されたビラには、朝鮮戦争の休戦協定締結日(7月27日)を戦勝記念日とねじ曲げて北朝鮮の体制を宣伝する内容や、中距離弾道ミサイル「ムスダン」で攻撃すると威嚇する内容が書かれていた。

 軍は回収したビニール袋を関係機関とともに調べている。

 軍関係者は北朝鮮が流したビニール袋の中に有害な物質が入っている可能性があるとして、発見した場合は触ったり開けたりせずに速やかに軍か警察に連絡するよう呼びかけた。

最終更新:7月28日(木)15時19分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。