ここから本文です

『牧場物語 3つの里の大切な友だち』国内累計出荷本数22万本を突破

ファミ通.com 7月28日(木)16時51分配信

●紙芝居や衣装が追加される更新データを無料配信中
 マーベラスより発売中の、ニンテンドー3DS用シミュレーションゲーム『牧場物語 3つの里の大切な友だち』。同作の国内累計出荷本数が22万本を突破したことが発表された。

 以下、リリースより。

----------

 株式会社マーベラスより好評発売中のニンテンドー3DS(TM)ソフト『牧場物語 3つの里の大切な友だち』の国内累計出荷本数(※)が、おかげさまで早くも22万本を突破しました。
 シリーズ生誕20周年の記念タイトルとなる今作は、シリーズ従来の魅力である作物づくりや動物のお世話といった要素に加え、ライフスタイルの異なる3つの里が登場したり、ペットとの生活がさらに充実するなど、新要素が満載のシリーズ最新作となっています。
 シリーズファンの方はもちろん、『牧場物語』をプレイしたことのない方も、ぜひ今作をプレイしてみてください。
 ※国内累計出荷本数には、ダウンロード版の販売数を含みます。

■「更新データ」を無償で配信中
 今回の「更新データ」では紙芝居や衣装の追加と、より快適にプレイしていただくための調整を行っています。
 今後も、本作を長くお楽しみいただけるよう、定期的に「更新データ」を無償で配信していく予定です。
 なお、「更新データ」のダウンロード方法については、公式サイトをご覧ください。

最終更新:7月28日(木)16時51分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。