ここから本文です

現代・起亜自動車5車種、米国の商品性満足度1位に

WoW!Korea 7月28日(木)15時11分配信

現代・起亜自動車の5車種が米国市場調査機関である「JDパワー(J.D.Power)」の新車商品性満足度調査で1位を獲得した。

 JDパワーは昨年11月からことし2月までの新車購入顧客を対象に実施したデザインや商品性満足度の評価結果を27日(現地時間)公開した。

 JDパワーの「2016年 商品性満足度調査」で現代自動車の「ツーソン」をはじめ、起亜自動車の「K5(現地名:オプティマ)」、「ソレント」、「ソウル」「カーニバル(現地名:セドナ)」など5台が各車級別でトップの座に輝いた。

 一方、一般ブランド別の順位では昨年2位だった現代自動車は9位に落ち、起亜自動車は昨年7位から3位に浮上した。

最終更新:7月28日(木)15時11分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。