ここから本文です

auの夏モデル第2弾 専用キーで分かりやすいシニアスマホ「BASIO2」

ITmedia Mobile 7月28日(木)11時15分配信

 KDDIは7月28日、auの夏モデル第2弾としてシニア向けスマートフォン「BASIO2 SHV36」(シャープ製)を発表した。8月5日に発売する。

スライドカバーでカメラ起動

 防水、防塵ボディーに5型HD(720×1280ピクセル)表示のIGZO液晶を搭載したモデルで、物理式のホームキーに電話とメールの専用キーも備えた。電話、メールキーが着信時に光って通知するなど分かりやすい操作性が特徴だ。背面のスライド式カバーを開くと約1310万画素のアウトカメラが起動し、側面のシャッターキーで撮影できるなど、コンパクトデジカメのように使うこともできる。

 ホーム画面はケータイの様なタイルメニューで、よく使う連絡先を登録できる3つのボタンも用意した。文字サイズを素早く変えられる機能や拡大鏡機能、日本語入力で迷ったら案内通知を出すアシスト機能などもある。ワンセグ、赤外線通信や国際ローミングには対応するが、おサイフケータイには非対応だ。

 通信面では下り最大150Mbpsの4G LTEとWiMAX 2+に対応。VoLTEによる通話がさらに快適になるよう、従来より1.5倍の音が出せる大きめの通話用スピーカーにノイズやエコーを抑える技術を搭載し、相手の声がゆっくり聞こえるスロートークモードも利用できる。

 ボディーカラーはゴールド、ネイビー、プラムの3色で、カラーバリエーションに合わせた純正のレザーケースも用意。装着したまま通話やカメラ撮影、付属クレードルでの充電ができるデザインを採用した。また製品には見やすく分かりやすい説明書も付属する。

最終更新:7月28日(木)15時22分

ITmedia Mobile