ここから本文です

水道橋博士、やく氏一方的悪役に「平気でいられない」

デイリースポーツ 7月28日(木)12時0分配信

 タレントの水道橋博士が27日、ツイッターを更新し、漫画家のやくみつる氏に対し「侮蔑します」と言い返したことについて、以前師匠のビートたけしから言われた言葉を引き合いに出し「やくみつるさんの言葉もよくわかる」と理解を示した。

 水道橋博士は27日に放送されたテレビ東京系「モーニングチャージ!」内で、大人気スマートフォンゲーム「ポケモンGO」に興じている人に対し「侮蔑します」とコメントしたやく氏に対し「そうやって決めつけるコメントする人を心の底から侮蔑します」などと反論していた。

 番組終了後、博士はツイッターを更新し、やく氏のファンである子供たちのために、番組で使用したやく氏のイラストをもらったことを明かし「ポケモンよりやくみつるをゲット!」と喜びツイート。

 その後のツイッターでも「やくみつるさんがあまりに一方的に悪役になるのも平気でいられない」などとツイート。ファミコンの野球ゲームに熱中していた頃に師匠のビートたけしから「ゲームじゃなくて野球をやればいいじゃないか」と言われたことを振り返り「それ以来、シュミレーションゲームをやれなくなった。殿の言葉がよぎる。だからこそ、やくみつるさんの言葉もよくわかる」と、やく氏の「侮蔑」発言にも理解を示していた。

 また「やくみつるさんは部屋に篭って漫画を書くだけの収集家のただのオタクでもない。毎年、忙しい仕事の合間を縫って命がけで世界の秘境へ行って昆虫採集をやっている本物ハンターだ」と、やく氏の活動や、著書も紹介していた。

最終更新:7月28日(木)12時4分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。