ここから本文です

横浜がコールドで4強進出 エース藤平、打撃で魅せた 満塁弾含む2発で圧勝

デイリースポーツ 7月28日(木)13時30分配信

 「高校野球神奈川大会・準々決勝、横浜16-3横浜隼人」(28日、横浜スタジアム)

【写真】満塁のピンチ…頬をつねられる藤平

 3年ぶり16度目の夏甲子園出場を目指す第1シードの横浜が得点力の違いを見せ、15安打16得点で横浜隼人に七回コールド勝ちして準決勝に進んだ。

 横浜は先発のエース右腕・藤平尚真投手(3年)が立ち上がりの制球に苦しみ、初回に先頭打者から3連続四死球を与えると、1死満塁から横浜隼人の小泉雄雅内野手(3年)の左犠飛で1点を先制された。

 藤平は4-1と逆転後の二回にも2ラン本塁打を打たれて2点を奪われたが、三回は3者三振に仕留めるなど立ち直りを見せ、5回2安打3失点で2番手の左腕・石川逹也投手(3年)と交代し、石川のいた右翼の守備に就いた。

 この日の藤平は打撃面で活躍。六回には左中間へ大会70号となるソロ本塁打を放ち、七回には2死満塁からバックスクリーン左へ同71号の満塁本塁打を放り込んだ。

 藤平は「(ピッチングは)自分の中で調子がよくないと思ったけど、全力でいった。(三回以降は)試合の中で修正できたが、まだ本調子じゃない」と、ピッチングについて振り返った。

 また、大当たりだった打撃については「(2本塁打は)この試合が初めてです。(1本目は)インコースが来るなと思っていた。フェンス直撃かと思ったが入ってくれた。平田監督がいつもバッティングを指導してくれる。(2本目は)あれは入ったなと思った。(スタジアムの)この応援の中でダイヤモンドを1周できることは気持ちが良いです。(今後に向けて)自分たちの野球をやって甲子園に行くこと、全国制覇をすることが目標です」などと語った。

 横浜打線は1点を先制された直後の二回1死から主将の公家響内野手(3年)が左越えにソロ本塁打を放ち同点。さらに2死二、三塁から戸堀敦矢内野手(3年)の左前適時打、盗塁と相手捕手の悪送球、遠藤駆内野手(3年)の中前適時打とたたみかけ、この回4点を奪って逆転した。

 4-3の三回は1死三塁から公家の右前適時打で1点。さらに1死一、二塁から徳田優大捕手(3年)が左翼ポール際に3ラン本塁打を運んで、この回4点を追加し、8-3と横浜隼人を突き放した。四回も公家の犠飛と藤平の右越え2点適時二塁打で3点を加え、2桁得点に乗せた。

 横浜の1年生スラッガー・万波中正外野手はベンチスタートから出場機会はなかった。

 初回に1点を先制した横浜隼人は、1-4の二回にも2死一塁から浅見遼太郎外野手(3年)が藤平の速球をとらえ、右翼席に2ラン本塁打を放ち1点差としたが、そこまでだった。

最終更新:7月28日(木)15時7分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月2日(日)