ここから本文です

上場企業で働く人の年収は622万円――最も多かったのは?

ITmedia ビジネスオンライン 7月28日(木)12時58分配信

 上場企業で働く人はどのくらいの年収をもらっているのだろうか。上場企業(2218社、2016年3月期決算)の平均年収は622万3000円で、前年に比べ7万4000円(1.2%増)増えていることが、東京商工リサーチの調査で分かった。調査開始以来(2010年3月期)、6年連続で増加しており、この6年間で44万8000円上昇している。

【上場企業の年収(業種別)】

 業種別で平均年収が最も多かったのは「金融・保険業」で704万6000円。次いで「不動産業」(704万4000円)、「水産・農林・鉱業」(696万5000円)、「建設業」(691万5000円)と続いた。一方、最も少なかったのは「小売業」で512万8000円。6年連続で最低となった。ただ、小売業の平均年収は6年連続で増えていて、2016年3月期の伸び率は前年比1.9%増と3番目に高かった。「人手不足が深刻化するなか、雇用形態の多様化や待遇改善が背景にあるとみられる」(東京商工リサーチ)

 増加率をみると、「不動産業」(前年比2.5%増)がトップ、次いで「建設業」(同2.1%増)。「都心部の再開発案件など不動産・建設セクターの活況が大手デベロッパーやゼネコンの業績を押し上げ、平均給与の増加につながった」(同社)

 ちなみに「電気・ガス業」(同1.1%増)が2011年3月期以来、5年ぶりに前年度を上回った。「安定業種の代表格だった電気・ガス業は、東日本大震災を境に前年割れが続いたが、ようやく下げ止まりをみせた」(同社)

最終更新:7月28日(木)12時58分

ITmedia ビジネスオンライン