ここから本文です

智弁学園、初戦からオール逆転勝ちで甲子園へ

デイリースポーツ 7月28日(木)15時16分配信

 「高校野球奈良大会・決勝戦 智弁学園6-5天理」(28日・佐藤薬品スタジアム)

 甲子園春夏連覇を目指す智弁学園が、最大のライバル・天理を逆転で下し、2年ぶりとなる夏の甲子園出場を決めた。

【写真】リード守り切った!マウンドで歓喜の輪

 1点を追う四回に、センバツ決勝戦で決勝打を放ったエース・村上頌樹投手(3年)が同点適時打を放つと、後続も続き、一挙3点を奪って試合をひっくり返した。

 1点差に迫られた七回にはU-18日本代表候補の福元悠真外野手(2年)が左翼へダメ押しの3ランを放ち、粘る天理を突き放した。村上は投げても要所をしっかりと抑え、5失点で完投。初戦からすべて逆転で奈良大会を勝ち抜いた。

 村上は「春夏連覇を目指すにしても、甲子園に出るというスタートラインに立たないといけない。そのスタートラインに立ててうれしい。ひやひやさせてしまいましたけど、福元の本塁打が大きかったです」と満面の笑みを浮かべていた。

 天理は4点を追う最終回にどとうの4連打で1点差に迫り、なおも2死一、三塁と攻め立てたが、あと一歩、及ばなかった。

最終更新:7月28日(木)16時1分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]