ここから本文です

市尼崎、楽天・池山コーチ以来33年ぶり甲子園 センバツ8強・明石商下す

デイリースポーツ 7月28日(木)15時20分配信

 「高校野球兵庫大会・決勝、市尼崎3-2明石商」(28日、明石トーカロ球場)

 市尼崎が明石商に競り勝ち、楽天・池山隆寛打撃コーチが出場した1983年以来、33年ぶり2度目の夏の甲子園出場を決めた。明石商は春夏連続の甲子園を逃した。

 明石商は1-1の四回、1死二塁の好機に藤原祐介外野手(3年)が中前適時打を放ち、リードを奪った。

 しかし市尼崎は七回、2死一、二塁で飯田泰成内野手(2年)が左前打。この打球を追った明石商・杤谷慎太郎三塁手が二塁走者に衝突。走塁妨害で二塁走者の生還が認められ、同点に追いついた。

 さらに八回、この回から登板した相手の三浦功也投手(3年)を攻め、1死二塁の場面で平林弘人投手(3年)が右越え二塁打。連携がもたつく間に二塁走者が生還し、決勝点となった。

 元オリックス投手で球団職員、兵庫県の教員を経てアマチュア資格を回復した竹本修監督(52)にとっては初の甲子園となった。

最終更新:7月28日(木)17時20分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]