ここから本文です

【クイーンS】チェッキーノ 1馬身遅れも状態は文句なし「秋には関西に行かないといけない馬」

東スポWeb 7月28日(木)20時23分配信

【クイーンS(日曜=31日、札幌芝1800メートル)注目馬28日最終追い切り:札幌競馬場】オークス(2着)以来の実戦となるチェッキーノは早めに美浦へ帰厩して準備を始めた。当地入りした先週は戸崎圭が騎乗して本馬場(芝)で併せ馬と調整過程に隙はない。

 この日も先週同様、本馬場で2歳新馬ソウルスターリングと併せ馬。2馬身先行態勢から、3ハロン標識手前で馬体を併せ、直線の攻防へ。先に軽く仕掛けた僚馬の反応が良過ぎたため1馬身遅れでのゴール(5ハロン66・8―37・2―11・9秒)となったが、目一杯に追ったものではなく、動きそのものは軽快。陣営もノープロブレムを強調した。

 藤沢和調教師「追われたら一生懸命走る新馬が相手だったからね。2週続けて本馬場で追えたし、いい動きだった。オークスを使った後とは思えないくらい、いい状態だったので、ここからの始動を決めた。小回りも中山で走っているので大丈夫。秋には関西に行かないといけない馬だからね」

 早くも秋華賞を意識した発言をした指揮官の本音は、初の古馬相手でも“負けられない”だろう。

最終更新:7月28日(木)20時23分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ