ここから本文です

“おねだり王子”斎藤 4回KOに「攻めの投球ができなかった」

東スポWeb 7月28日(木)20時55分配信

 日本ハム・斎藤佑樹投手(28)が28日の西武戦(西武プリンス)に今季3度目の先発登板。昨年9月16日ロッテ戦(QVC)以来の白星を目指したが、今季最短となる3回2/3、6安打5失点でKOされた。

 この日は初回に長短4連打で3失点し、2回には秋山に2ランを浴びるなど、西武打線に立ち上がりを攻められ、4回途中降板となった。

 斎藤は「真っすぐがよくなかったですね。本来の真っすぐと比較して質もそうですし、思った通りに投げられなかったです。攻めの投球ができませんでした。先発として試合をつくれず申し訳ない気持ちです」と肩を落とした。

最終更新:7月28日(木)20時55分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報