ここから本文です

橋下氏、都知事選「厚化粧」騒動に見解「増田さん最大チャンス逃した」…小池氏が話題奪う

デイリースポーツ 7月28日(木)15時59分配信

 前大阪市長の橋下徹弁護士が28日、ツイッターで、東京都知事選で、石原慎太郎氏が小池百合子候補を「大年増の厚化粧」と暴走発言した騒動に対し、独自分析を行った。

 橋下氏は、石原氏が発言した場が、増田寛也候補の総決起集会であったことを挙げ「石原さんの小池さんへの厚化粧暴言時、増田さんは同じ場所に居たんだから、石原さんと大喧嘩して発言を取り消させ謝罪させれば、大きく流れが変わったのに」と指摘した。

 そのうえで増田氏に対して「最大のチャンスを逃した。あの発言くらい取り消させることができなければ大改革などできない」と記した。

 増田氏が応援に来た石原氏と大げんかしていれば、増田氏のイメージが激変したのは間違いないが、どうやら橋下氏は、増田陣営の「厚化粧暴言」に対し、小池氏のほうがうまく演説で「きょうは薄化粧」などとネタにして切り返すなど、話題をモノにしている現状を指してツイートしたようだ。

 石原氏は26日の総決起集会で、小池氏について「大年増の厚化粧がいるんだな。これが困ったもんで、あの人はウソつきだと思います」と発言していた。

最終更新:7月28日(木)17時8分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。