ここから本文です

【鈴鹿8耐】第39回大会が開幕、初日フリー走行はヤマハ・ファクトリーが最速

レスポンス 7月28日(木)20時4分配信

2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレースが28日、いよいよ鈴鹿サーキットで開幕。初日のフリー走行はNo.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM(中須賀克行/ポル・エスパルガロ/アレックス・ローズがトップタイムを記録した。

[関連写真]

前日まではぐずついた天気が続いていた鈴鹿サーキット周辺だが、この日は夏らしい天気が戻ってきて、鈴鹿8耐日和というような陽気に。すでに場内には鈴鹿8耐の旗やバナーなどが各所に掲げられ、メインブリッジやリーダータワーも鈴鹿8耐仕様に。また平日にも関わらず多くのファンが来場し、1年ぶりの真夏の祭典の開幕を楽しみにしていた。

39回目を数える今大会。今年は元世界チャンピオンのニッキー・ヘイデンや現役MotoGPライダーのポル・エスパルガロなど、海外の注目ライダーも多数参戦し、さらにレベルが上がっている。そして、各チームのフルメンバーが揃ってのセッションということで、どこがトップタイムを記録するのかに注目が集まった。

初日は1時間のフリー走行が2回行われ、各チームとも予選・決勝へ向けたマシンの最終確認を実施。テストの時は1チーム2台まで同時に走らせることができたが、今週末はフリー走行から1チーム1台のみの出走。また外見からもライダーを識別できる腕章を装着して各ライダーがコースインしていた。

トップタイムを記録したのは昨年の覇者であるヤマハ・ファクトリー。1回目で2分08秒690を記録すると2回目ではさらにタイムを更新し、2分08秒194を記録。早くもライバルを一歩リードしていた。

総合2番手はNo.634MuSASHi RT HARC PRO.(高橋巧が1回目で記録した2分08秒829で続き、総合3番手はNo.12ヨシムラ・スズキ・シェル・アドバンス(津田拓也/ジョシュ・ブルックス/芳賀紀行)が2分08秒933で続いた。

明日は公式予選が行われ、トップ10トライアル進出チームと、11番手以下のグリッドが決定する。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:7月28日(木)20時4分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]