ここから本文です

秋元康、小室哲哉、つんく♂、指原莉乃が代アニのプロデューサーに就任! 指原「自分を変えられるのは自分しかいない」

ねとらぼ 7月28日(木)15時10分配信

 7月28日、“代アニ”こと代々木アニメーション学院は秋元康さん、小室哲哉さん、つんく♂さん、指原莉乃さんが同学院のプロデューサーに就任したことを明らかにしました。
 同学院は4人のプロデューサーとともに「アニメーション」と「エンタテインメント」を融合させた新しいコンテンツの創造、業界の活性化を目指すとのこと。この4人によるパネルディスカッションも行われます(詳細は後日公開)。また同学院は、プレス向けに4人それぞれの動画コメントを発表しました。

「自分を変えられるのは自分しかいないんだよ」と力強いメッセージを送る指原莉乃さん

 秋元さんは、「(就任したのは)何か新しい出会いがあるんじゃないかと。僕も、アイドルじゃない人と出会えるかもというのは面白いなと思いまして」とコメント。才能とは自覚しづらいもので、それを磨くのは他人なのではないかとも考えているそうで、やりたいことを明確に持っている人はもちろんのこと、自分が何に向いているのか分からない人が目標を見つけるのを同学院で手伝うことができればとも語りました。

 小室さんは、「この時代はスピードが本当に大事。ソーシャルメディアの台頭で、一夜で世界を席巻できるかもしれない、そういった夢が今の時代にはある」と語り始め、時代に置いていかれないためには頭の中でプランやアイデアを暖め続けているのではなく、とにかく提案してみることの大事さを強調しました。そして「そういう場がきっと代アニにはあると思うので、どんどん発信してほしいですね」とコメント。

 つんく♂さんは声帯摘出で声を失っているため、文章でコメントを発表。
 「エンタテインメントの世界は今まで以上に多種多様化し、一人で何役もこなす力が必要となってくる。いち早く新しいニーズに応えられる専門家が次の時代を背負っていく事になるでしょう」と述べ、「時代にあった新しいコンテンツ作りやエンタテインメント業に携わること」ができる専門家の育成を手伝うことができればと語りました。

 指原さんは、中学時代にあまり学校に行っておらず、大好きなモーニング娘。の握手会が当時の自身の心の支えであったというエピソードから語り始めました。彼女らから勇気をもらい、「何かしなきゃ、何か始めなきゃ、何か変えなきゃ」と思い立ち、AKB48後期生のオーディションを受けたそうです。
 そしてそのとき、「何か変えなきゃいけない」と思ったら自分自身が動き出さないと何も変わらないということを学んだと続けます。プロデューサーに就任した指原さんは、「自分を変えられるのは自分しかいないんだよというのを指原から伝えたいと思います。何か始めたいけど、何をすればいいか分からないという人の力に少しでもなれたらな」と考えていると伝えました。

 プロデューサー就任の他にも、ネルケプランニング、マーベラス、ぴえろの3社による同学院の「2.5次元演劇科」への全面サポートの決定や、「エンターテイナー[夜]コース」の新設も発表されました。
 「エンターテイナー[夜]コース」ではレッスン項目の中から自分が学びたいレッスンを選ぶことができ、4人のプロデューサーによるプレミアム講義も受講可能。関連・協力企業やプロダクションと連動したオーディションも毎週行い、受講者のデビューへのチャンスを広げるコースです。チケット予約制の受講システムで、8月より受講申込の受付を開始予定とのこと。

最終更新:7月28日(木)15時10分

ねとらぼ