ここから本文です

檀れい、日本を代表する女優で登場…インド映画界からラブコール受ける

デイリースポーツ 7月28日(木)16時29分配信

 女優の檀れい(44)が28日、東京・九段下のインド大使館で行われた映画「PK」(10月29日公開)のジャパンプレミアに“日本を代表する女優”として登場し、来日したラージクマール・ヒラニ監督(53)からラブコールを贈られた。

 2013年公開で高く評価された映画「きっと、うまくいく」の監督、主演が再タッグを組み、インド歴代興収1位となった話題作。すでにインド映画として初めて全世界興収が100億円を超えている。

 檀から花束を贈られたヒラニ監督は「お美しい!!是非、インドの男性と日本の女性が恋に落ちるラブストーリーを撮りたい」と熱烈オファー。「PK」を思い出すだけで泣きそうと声を詰まらせた檀は「踊りの練習をしておきます」と、インド映画の特徴であるダンスシーンの特訓を約束した。

最終更新:7月28日(木)17時3分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。