ここから本文です

ファンタジー小説のドラゴンにちなんで命名 背中にトゲある新種のアリが小さいのにむっちゃ強そう

ねとらぼ 7月28日(木)14時13分配信

 沖縄科学技術大学院大学が、背中にトゲのある新種のアリを発見。その3DモデルをYouTube上に公開しています。ファンタジー小説シリーズ「氷と炎の歌」に登場するドラゴンにちなんで「Pheidole drogon」「Pheidole viserion」と命名されています。アリなのに、むっちゃ強そう。

【その他の画像】

 「氷と炎の歌」はアメリカの作家、ジョージ・R・R・マーティン氏による作品。2011年から「ゲーム・オブ・スローンズ」というタイトルでテレビドラマ化されています。

 「Pheidole drogon」「Pheidole viserion」はそれぞれフィジー、パプアニューギニアで発見され、研究チームによってマイクロCT技術で3Dモデル化されています。「Pheidole drogon」の大型働きアリのトゲの中には筋肉が詰まっており、捕食動物から身を守るはたらきがあるそう。

 なお、今回のようにアリの分類学でマイクロCT技術が応用されるのは極めて珍しいとのこと。ダウンロードで簡単に入手できるだけでなく、コンピュータ上で解剖し、体内の構造を調べることも可能です。

画像出典:沖縄科学技術大学院大学

最終更新:7月28日(木)14時13分

ねとらぼ