ここから本文です

プロ注目アドゥワが2失点完投 松山聖陵初の甲子園

デイリースポーツ 7月28日(木)17時37分配信

 「高校野球愛媛大会・決勝、松山聖陵3-2新田」(28日、坊っちゃんスタジアム)

 松山聖陵が新田との接戦を制し、春夏通じて初の甲子園出場を決めた。今秋ドラフト候補で、ナイジェリア人の父を持つ最速145キロの身長196センチ右腕・アドゥワ誠投手(3年)が10安打2失点で完投。初回に痛烈なライナーが右肩を直撃するアクシデントがあったが、痛みに耐えながら投げ続け、勝利を呼び込んだ。

 初回に新田に1点を先制された松山聖陵打線は、二回に8番・田頭直輝外野手(3年)と1番・大村弘稀外野手(3年)のタイムリーで3点を奪い逆転。6回に1点差に追いつかれたが、終盤もアドゥワが気迫のこもった投球を続けて逃げ切った。

 打球直撃の影響で、この日の最速は138キロだったアドゥワは「痛みはあったけど、気持ちで投げた。粘り強く投げられたと思う。うれしいというよりホッとしている。甲子園では決勝まで行って勝って、監督を胴上げしたい」と話した。

最終更新:7月28日(木)17時59分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]