ここから本文です

【公演レポ】「BEE SHUFFLE」、全国無料Zeppツアーファイナル大盛況! 

WoW!Korea 7月28日(木)20時12分配信

日本人2人と韓国人3人からなる日韓ボーイズグループ 「BEE SHUFFLE」が7月11日の大阪を皮切りに、札幌、名古屋、と行ってきた全国無料Zeppツアー「“1,000人ライブ達成記念感謝祭”BEE SHUFFLE Summer Party 2016 ~夏祭★ナチュッチェ~」の東京公演を7月20日(水)東京・Zepp DiverCityにて開催。

 “1,000人を動員せよ! ”との史上最難関のミッションを見事クリアし、実現した同ツアー。
ツアータイトル「BEE SHUFFLE Summer Party 2016~夏祭★ナチュッチェ~」は"日韓の懸け橋になりたいという"メンバーの想いが込められた日本語(夏)と韓国語(祝祭=チュッチェ)の造語でツアーへの熱い思いが込められている。

 イベント当日の7月20日は約1年7か月ぶりとなる2ndアルバム「Boys☆BEE☆AmbiSHUFFLE」の発売日でもあり、「BEE SHUFFLE」にとって二重の喜びとなった。
元気いっぱいでシュウタ、ジュン、ジュノ、ミンス、ギュミンの5人がゴールドの衣装で登場すると、会場のファンも大歓声とともに熱く迎えた。

 2ndアルバムのタイトル曲「Boys☆BEE☆AmbiSHUFFLE 」でスタートしたライブは途中「『BEE SHUFFLE Summer Party 2016 ~夏祭★ナチュッチェ~』アゲアゲ! みんな一緒に盛り上がっていきましょう! 」とのシュウタの掛け声でメンバーも会場もテンションは一気にMAXに。「SURU」、「マジ★いいじゃん」と3曲続けて披露すると大歓声の中、メンバーは揃ってあいさつと自己紹介へ。

 5色のペンライトで彩られた会場に「東京、ただいま~! 」とジュンの第一声が飛ぶと瞬時に「おかえり! 」とファンも大合唱で応え、ライブ序盤から会場一体に。

 さらにメンバーは5色のハッピに着替え2ndアルバムの中から「 aGAIN」、アゲアゲ↑↑夏ソング「Summer Adventure」と“夏祭り”にぴったりなナンバーを届け、エネルギーを爆発させた。

 続いてMCジュンのリードでナチュッチェ企画として、抽選で選ばれたファンとメンバーがペアを組んで行う「シャッフルストラックアウトゲーム」にチャレンジ。見事なチームワークを発揮し優勝したのはギュミンチーム。奇しくも最下位となったジュンチームまで、バックハグから罰ゲームのようなロシアンシュークリームまで、それぞれスペシャルなプレゼントを獲得した。

 ゲームコーナーで会場を沸かした後は会場から1人のプリンセスを選び、5人が甘い歌声で「My Princess」をプレセントすると、ステージのファンはもちろん、会場のファンもドキドキさせた。

 また、ライブ中盤にはギュミンが「ツアー中ずっと練習して、本当に緊張しました」としながらも宇多田ひかるの「Fiest love」をピアノの弾き語りで熱唱。続いて自ら作詞作曲したオリジナル曲を届けたミンスは「次のライブでも披露できるようにまた作りますね」とファンに約束。

 ビシッとキメたジュノは「みなさんへの愛を花束の代わりにメロディーで伝えます」と清水翔太の「花束の代わりにメロディーを」を、心を込めて歌い上げるなど、それぞれ魅力的なソロステージを披露した。

 ソロステージの最後はアロハシャツにデニムのシュウタとジュンが登場。
DJシュウタが見事なDJプレイで会場をクラブ化するとジュンもノリノリでファンを煽り、息の合ったDJパフォーマンスでファンを巻き込むと会場は一瞬にしてダンスフロアとなった。

 グループとしての魅力はもちろん、個人としての新たな魅力をアピールした「BEE SHUFFLE」。イベント終盤では雰囲気を一変してスーツ姿で登場したジュノとギュミンがバラード曲「Kissing You」と2ndアルバムから「I Know」を歌唱、二人の美しい歌声で会場中をうっとりと酔わせた。

 シュウタが「今、この時間を過ごせることに感謝し、最後まで一つになって最高の思い出を作っていきましょう! 」と呼びかけ、「#YOLO」、「LOVE YOUR SMILE」を歌い本編が終了。

 アンコールで黒いTシャツに着替えて、ステージからシュウタ、ジュンが再登場。ギュミン、ジュノ、ミンスが客席からサプライズ登場すると会場は大興奮。ジュンから2ndアルバムがオリコンデイリーランキング8位を獲得したことが告げられ、自身が出演した映画「コープスパーティー Book of Shadows」の公開記念舞台挨拶が7月30、31日に行われることを発表した。

 最後は「8月20日に開催される神宮外苑花火大会に出演決定しました」とうれしいニュースを立て続けに報告すると会場からは歓喜の声が沸き上がった。
「平和をテーマにした曲です」とシュウタの温かいメッセージを込めた曲紹介で、「PEACE SONG」を、イベントのラストはデビュー曲「Welcome to the SHUFFLE!! 」で飾り、最後のあいさつへ。

 ミンスがデビュー当時の掛け声「ももいろ? (ミンス)」、「キング! (ファン)」の後「(ももいろキング)その人が今、Zeppのステージに立っています。今の気持ちを忘れずに、ずっと、ずっと前に進んでいくので最後まで応援よろしくお願いします」と述べるとギュミンは「最後の最後までZeppツアーが無事に終わりました。これからも僕たちは前に進んでいきますので…オレについてこい! 」と力強く宣言。

 ジュンが「これまで色々な地方に行かせてもらいましたが、これだけ大きなステージは初めてです。とてもいい経験になりましたし、いい出会いもありました。これをどんどん広げていって、いつか1万人達成できるように僕たち『BEE SHUFFLE』がみなさんの思っている以上のアーティストになっていきたいと思っています。これがスタートラインだと思い、僕たち走り続けていきたいと思います! 」伝えるとジュノが「無事にZeppツアーが終わってうれしいですし、しあわせです。僕の好きな『努力すれば必ずいい結果がついてくる。汗は裏切らない! 』という言葉は本当だなと思いました。初心を忘れずに全力で前に進んでいきますので。みなさん、ついてきてください! 」と呼びかけた。

 シュウタは「東京でファイナルを迎えられて。“ホームに帰ってきた”と思いました。ツアーファイナルで、2ndアルバムの発売日ということもあって(ファンが)声ガンガン出してくれて、その熱気が僕たちにも伝わって、僕らも負けないように頑張りましたが、いかがですか? 」と声をかけると「イェ~イ! 」と熱い反応と拍手が会場から返ってきた。

 「いつも応援してくれるファンのみなさん、そして支えてくれるスタッフのみなさんに感謝しています。本当にありがとうございます。これからもどんどん新しいファンを増やしてどんどん『BEE SHUFFLE』をたくさんの人に知ってもらって、東京ドームに立ちたいと。僕は、僕は…(声がだんだん小さくなって最後は小声で)と思っています。よろしくお願いします」とリーダーらしく感謝と感動を伝えた。

 「以上! 『BEE SHUFFLE』でした~! 」と声を揃え、5人でしっかり手を繋ぎ、深々と一礼してイベントを締めくくった。

 数々のミッション達成への並々ならぬ努力の結果が大きく花開き、魅力炸裂中の「BEE SHUFFLE」。同イベントでは流ちょうな日本語とユーモアたっぷりのトークで会場を沸かし、ライブでは着実にパワーアップしたパフォーマンスでファンを熱狂させるなど、彼らの今後の活躍が益々楽しみだ。

最終更新:7月28日(木)20時12分

WoW!Korea