ここから本文です

「MusicCast」を手軽に、ワイヤレススピーカーが付属するホームシアターパッケージ「MUSICCAST-P306」をヤマハが発売

ITmedia LifeStyle 7月28日(木)16時16分配信

 ヤマハは7月28日、同社が提案する独自のネットワーク機能「MusicCast」を手軽に導入できるホームシアターパッケージ「MUSICCAST-P306」を発表した。専用サウンドバーと同時発表のワイヤレススピーカー「WX-010」をセットにしたもの。10月中旬にオープンプライスで発売する予定で、店頭では7万5000円前後になる見込みだ。

セットになるワイヤレススピーカー「WX-010」

 サウンドバーは、ファブリックカバーやグロス仕上げの天面操作部など、WX-010とデザインテイストをそろえたもの。底面のネジ穴を利用して壁掛け設置も可能だ。また設置の際、テレビのリモコン受光部を隠してしまう場合でも、サウンドバーで受けた赤外線リモコン信号を背面から送信する「テレビリモコンリピーター」を装備しているため問題ない。

 ヤマハのバーチャルサラウンド技術「AIR SURROUND XTREME」を搭載し、フロントのみで7.1ch相当のサラウンド音場を作り出すという。搭載ユニットは19mmバランスドームツイーターと55mmコーン型ウーファー、75mmコーン型サブウーファーの3Way。内蔵アンプは計120W。音声入力は光デジタルのため、テレビとケーブル1本で接続が可能だ。

 BluetoothやWi-Fiを内蔵し、スマートフォンやタブレット端末からワイヤレスで楽曲を再生可能。ネットワーク経由でPCやNASから再生する場合は最大192kHz/24bitのハイレゾ音源(WAV、FLACなど)にも対応。さらにMusicCastを使えば、対応機器間で音声の配信やリンク再生が可能だ。例えばリビングルームのサウンドバーと個室のWX-010で同じ楽曲を再生するといったことができる。

 サウンドバーのサイズは、950(幅)×72(高さ)×131(奥行き)mm。重量は4.9kg。WX-010のサイズは120(幅)×160(高さ)×130(奥行き)mm、重量1.7kg。

最終更新:7月28日(木)16時16分

ITmedia LifeStyle