ここから本文です

マンガ版「Splatoon」1巻、ハイカラシティで“アホ”チームがギャグ&バトル

コミックナタリー 7月28日(木)20時17分配信

ゲーム「Splatoon(スプラトゥーン)」を、ひのでや参吉がコミカライズした「Splatoon」の1巻が、本日7月28日にリリースされた。

別冊コロコロコミックSpecial(小学館)にて連載中のマンガ版「Splatoon」では、ハイカラシティで「アホ」と噂されるブルーチームが、街の四天王であるS4をうっかり倒してしまい大騒ぎに。ギャグあり熱血ありのチームバトルが展開されていく。

同書には連載開始前に発表された読み切りも収録。また巻末には、すべてのメンバーの装備を網羅した「せんしゅめイカん」も掲載されている。

最終更新:7月28日(木)20時17分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。