ここから本文です

平日はFREETEL、BIGLOBEが上位に――MM総研の格安SIM速度調査

ITmedia Mobile 7月28日(木)17時10分配信

 MM総研は、7月28日に国内MVNOにおける独自サービス型SIM速度実態調査の結果を発表した。

【ダウンロード速度の結果】

 本調査では「OCN モバイル ONE」「IIJmio」「楽天モバイル」「U-mobile」「BIGLOBE SIM」「mineo(NTTドコモ)」「NifMo」「FREETEL」「DMM mobile」の主要9事業者を対象に回線速度の計測調査を実施した。調査日は7月3日~4日の休日・平日で、12時~13時、16時~17時、19時~20時の各3回行っている。

 平日のダウンロード速度を箱ひげ図で見ると、中央値が高いのはFREETELの22.40Mbps、楽天モバイルの14.03Mbps、BIGLOBEの12.72Mbps。平均値の速度結果ではFREETELが19.47Mbpsで最も速く、NifMoの18.14Mbps、BIGLOBEの16.22Mbpsが続く。中央値と平均値どちらもトップ3に入ったのはFREETEL、BIGLOBEの2社となった。一方、休日のダウンロード速度を箱ひげ図で見ると9社中5社の中央値・平均値が20Mbpsを超えている。

 ユーザーが重視する回線の安定性について調査したところ、休日はBIGLOBEと楽天モバイルが速度・安定性ともに高得点となり、平日はFREETELが高い安定性と速度を記録。FREETELはトラフィックが集中する昼時も速度が10Mbpsを超えることが分かった。また、トラフィックが集中する昼間の12時~13時に調査した結果、実際に速度低下が生じたのは12時20分~40分の20分間だった。

最終更新:7月28日(木)17時10分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]