ここから本文です

阪神・青柳、大量リードも交代告げられ涙

デイリースポーツ 7月28日(木)20時32分配信

 「阪神10-5ヤクルト」(28日、甲子園球場)

 阪神先発の青柳晃洋投手は3巡目の壁に阻まれた。

【写真】何を言われた…降板後、ベンチで金本監督と話す青柳

 阪神が大量8点リードの六回、先頭・上田を四球で出すと、坂口と山田にも連続四球。球数は89を数え、無死満塁とされたところで、金本監督に交代を告げられた。

 2番手・安藤が押し出し四球を出したことで走者を返され、結果は5回0/3を2安打4失点。最終的には今季3勝目、本拠地・甲子園での初勝利を挙げたが、9-1と大差をつけている状況で無念の途中交代となり、悔しさのあまり、充血させた両目からは涙。ベンチに戻ると必死にタオルで拭っていた。

 青柳は球団広報を通じて「後ろのピッチャーに迷惑をかけるようなピッチングをしてしまい、申し訳ないです」とコメントした。金本監督は「(五回に5点を奪った)攻撃が長かったのが、自分のリズムを見失ったっていうことを言っていましたけどね。これも経験なんでね。もし次回、同じようなことがあった時にどう対処するかというね。次、成長したところを見せてほしいですね」と、苦い経験を次回の登板に生かすことを期待した。

最終更新:7月28日(木)22時41分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。