ここから本文です

日本ハム斎藤佑が今季初黒星 鷹3連戦を前に追い上げムードに水を差す1敗

デイリースポーツ 7月28日(木)21時12分配信

 「西武6-2日本ハム」(28日、西武プリンスドーム)

 日本ハムは先発の斎藤佑樹投手が3回2/3、6安打5失点と打ち込まれ、今季初黒星を喫した。この試合までに首位・ソフトバンクに3・5差と迫り、29日からは直接対決3連戦を控える追い上げムードの中で、痛い1敗となった。

 初回に1点を先制してもらいながら、直後に4連打を浴びて3点を失い、あっさりと逆転を許した。

 二回も修正できず、2死から金子侑を2打席連続の四球で歩かせると、秋山に右中間スタンドへ8号2ランを運ばれた。三回こそ無失点でしのいだが、四回に2死後に岡田に右前打を打たれ、続く金子侑に四球を出したところでたまらず交代となった。

 日本ハムの2番手・新垣も七回に秋山に右越えの9号ソロを浴びる。攻撃でも九回に西川の左前ポテンヒットで1点返すだけだった。

 斎藤佑は今季9試合目の登板で初の敗戦投手(0勝)。西武は先発の多和田が6回4安打1失点で2勝目(4敗)。

最終更新:7月28日(木)21時17分

デイリースポーツ