ここから本文です

東京都HP 舛添氏コーナーに「豪遊明細」永久掲出へ…驚愕の高額支出の数々

デイリースポーツ 7月28日(木)21時39分配信

 高額海外出張や公金の公私混同疑惑が問題化した、東京都の舛添要一前知事の辞職に伴い、都は一部リニューアルした公式HPの「歴代東京都知事」の舛添氏のコーナーに、在任中に計9回で総額2億4700万円を計上した全海外出張の“豪遊明細”を掲出した。各出張ごとに首をかしげたくなる支出項目が並ぶが、新都知事が就任した後も永久掲示されるとみられる。

 舛添氏のコーナーには、プロフィールなどに並んで「知事の海外出張」の項目があり、そこには、在任中に計9回赴いた米国、欧州、韓国などへの出張履歴が並ぶ。それぞれの出張の「主な行動・成果」欄には、「詳細はこちら」として、出張ごとの経費明細のPDF書面へのリンクが張られている。

 今年4月に16名で赴いた米国出張の場合は、6日間で6975万円を計上。内訳は…。

 ◆航空賃・1015万円

 ◆宿泊料・521万円

 ◆日当等・105万円

 ◆車両借上げ・416万円

 ◆現地案内人・244万円

 ◆通訳雇上げ・123万円

 ◆携帯電話等・23万円

 ◆諸室借上げ・320万円

 ◆備品借上げ・375万円

 ◆その他・181万円

 民間とはケタ違いの数字が並ぶが、負の歴史として掲出され続けることになりそうだ。

 なお歴代知事の石原慎太郎氏と猪瀬直樹氏のコーナーにも「海外出張」の項目があるが、各出張の総額だけが明記されている。

最終更新:7月28日(木)22時3分

デイリースポーツ