ここから本文です

男性の喫煙者率、初めて3割切る 健康意識の高まりなど要因

ITmedia ビジネスオンライン 7月28日(木)18時15分配信

 日本たばこ産業(JT)は7月28日、「全国たばこ喫煙者率調査」(5月時点)の結果を発表した。全国の喫煙者率は19.3%(前年比0.6ポイント減)と過去最低を更新した。

 男女別では、男性が29.7%(同1.3ポイント減)、女性が9.7%(同0.1ポイント増)。男性の喫煙者率は1965年の調査開始以来、初めて3割を下回った。同社は「健康意識の高まりや増税・定価の改定が影響している」と分析している。

 喫煙者率から推計した喫煙人口は男性が1498万人、女性が528万人。

 同社は国内のたばこ需要低迷を受け、3月にドミニカ共和国のたばこメーカー、ラ・タバカレラを買収し、今月にはアフリカ・エチオピアの大手たばこ会社、National Tobacco Enterprise(NTE)の株式を取得するなど、海外事業に力を入れている。

最終更新:7月28日(木)18時15分

ITmedia ビジネスオンライン