ここから本文です

伊藤雅雪11回TKOで東洋王座V2 来年の世界挑戦希望

デイリースポーツ 7月28日(木)21時41分配信

 「ボクシング・東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ」(28日、後楽園ホール)

 王者・伊藤雅雪(25)=伴流=が同級15位のアーニー・サンチェス(24)=フィリピン=を11回1分32秒TKOで下し、2度目の防衛に成功した。

 立ち上がりから鋭いジャブで試合を支配し、一方的な展開に持ち込んだ。タフなサンチェスから最後までダウンを奪うことはできなかったが、11回は左ボディーから上へのコンビネーションで、レフェリーストップを呼び込んだ。

 しかし、試合後は「よくない試合でした。効いている場面は何度もあったのに、もっとまとめ方を準備しておくべきだった。もっと圧倒できた」と、終盤まで粘らせた点を反省した。

 昨年11月に発症した右手首のじん帯損傷で、昨年12月以来7カ月ぶりの試合だったが「右拳に打撲的な痛みはあるけど、手首は大丈夫」と安どの表情。右手が使えない間に鍛えた左も「ジャブが使えるとペースを握れるし、左ボディーも精度が上がった」と手応え十分。

 年内はもう1試合行う予定で「世界に行けると思っている。尾川君(堅一=帝拳)でも、リッキーでも(内藤律樹=E&Jカシアス)、外国人でも、サバイバルマッチをやって、できれば来年にも挑戦したい」と希望した。団大路伴流ジム会長は「きょうの内容ではまだまだちょっと…」と厳しい評価。次戦こそ、自他共に納得いく内容を示すしかない。

最終更新:7月28日(木)21時53分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]