ここから本文です

広島、G菅野攻略!今季まだ3連敗なし、30日にも「M36」点灯

デイリースポーツ 7月28日(木)22時11分配信

 「巨人0-4広島」(28日、京セラドーム大阪)

 広島が巨人の先発・菅野を攻略し、またも連敗を「2」で止めた。今季8度の連敗後はいずれも阻止(引き分けを含む)。連敗そのものも6月11、12日の楽天戦(コボスタ宮城)以来だったが、3連敗がないのはセ・パを通じて広島だけで、2位とのゲーム差を再び10に広げた。首位独走の大きな要因となる。

 試合を決めたのは1番の田中だ。自身初の1試合2発、2打席連続本塁打の活躍。東海大相模-東海大で同学年の盟友撃ちだった。三回、右中間スタンドに10号ソロを運ぶと、六回には左翼スタンドに11号ソロ。自己最多本塁打を更新し「見てたら打てないと思ったので、どんどん振っていった。思い切って踏み込んでいきました」と振り返った。

 投げては先発の福井が7回5安打無失点。5月8日のDeNA戦(マツダ)以来の1軍登板で、4月10日の阪神戦(甲子園)以来の2勝目を手にした。緒方監督は「広輔の2本も大きかったけど、きょうは福井でしょう」と絶賛。後半戦のキーマンに挙げていただけに「彼自身にも、チームにとってもこの1勝は大きい」と喜んだ。

 29日からは本拠地に戻って、3位・DeNAとの3連戦。連勝すれば最短で、30日に優勝マジックナンバー「36」が点灯する。

最終更新:7月28日(木)22時41分

デイリースポーツ