ここから本文です

一体どうした? アニメ「レガリア」が第4話でいったん放送休止へ 理由は「意図していたクオリティと相違」

ねとらぼ 7月28日(木)19時8分配信

 現在放送中のアニメ「レガリア The Three Sacred Stars」が今週放送の第4話で放送を一時終了し、9月まで放送を延期することを発表しました。放送休止の理由は「意図していたクオリティと相違」。何があったんだ……?

【CGを使わないロボット作画などが話題に】

 今回の放送休止については、「既に放送・配信している話数において、本来意図していたクオリティと相違があることを強く認識」したことを理由として挙げており、「制作体制およびスケジュールを仕切りなおし、きちんとした形で視聴者の皆様に作品をお届けしたいという、制作サイドの意向」だとしています。今回アナウンスされたのは以下の3点です。

・第4話をもって、放送をいったん終了とさせて頂きます
・制作体制を整理したのち、現在放送中の各TV局にて、9月1日より順次放送を開始させて頂きます。尚、改めて第1話より放送させていただきます
・BD・DVDのリリースにおいては発売を1ヶ月延期させて頂きます

 視聴者へ向けては「第5話以降の放送を楽しみにして頂いた皆様には多大なご迷惑をお掛けいたします事、心よりお詫び申し上げます」と謝罪しており、「急な決定の為、これまでプロモーションにご協力を頂きましたキャスト・アーティストの皆様、各媒体や販売店の皆様へもこの場を借りてお詫び申し上げます」と関係者に対しても陳謝しています。

 同作は、制作が「ガールズ&パンツァー」のアクタスであったことや、CGを使わないロボット作画などが話題を集めており、ネットでは問題がどこにあったのかという疑問の声も。制作が間に合わなかったり内容を自粛しての放送休止はありましたが、クオリティが理由というのは珍しく、アニメファンの間では波紋が広がっています。

 掲載された告知文の最後には、これからの制作へ向けて「スタッフ一同、気を引き締めて全力で制作に取り組んでおりますので、何卒ご理解を頂けます様お願い申し上げます。9月よりの放送を是非ご期待ください」とつづられています。

(C) Regalia Project

最終更新:7月28日(木)19時8分

ねとらぼ