ここから本文です

【F1】オコン、ドイツGPフリー走行1回目に参加

ISM 7月28日(木)17時19分配信

 ルノーのテストドライバー、エステバン・オコンが、再びフリー走行出走のチャンスを得た。オコンは、今週末のドイツGPでジョリオン・パーマーに代わって初回セッションでステアリングを握り、オコンがフリー走行を担当するのは今季4回目となる。

 GP3チャンピオンのオコンはメルセデスの支援を受けているが、今季はルノーに貸し出されており、RS16でのフリー走行やテスト走行を担当している。

 オコンはスペイン、イギリス、ハンガリーのフリー走行に出走しており、バルセロナ・カタルーニャサーキットで行われたスペインGP後のテストでもルノーをドライブしている。

 また彼は今月初め、シルバーストンでのテストで2日間、メルセデスを走らせた。

 オコンは、F3と今年初めのDTMでレースをしたホッケンハイムでさらなる経験を積むことになる。

 シルバーストンでのテスト後、オコンは2017年にF1に参戦したいと述べていた。

 フェラーリの育成ドライバー、チャールズ・ルクレールも今週末、ハースからフリー走行に出走する。(情報提供:GP Update)

最終更新:7月28日(木)17時19分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。