ここから本文です

BAND-MAIDの海外活動が本格化、5カ国でワールドツアー敢行

音楽ナタリー 7月28日(木)23時34分配信

5月にミニアルバム「Brand New MAID」でメジャーデビューしたBAND-MAIDが、このリリースを記念して10月にワールドツアーを行うことが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このツアーは、バンド史上初の海外ワンマンとしてすでに開催が発表されている10月9日のメキシコ公演を皮切りに、イギリス、ドイツ、フランス、ポーランドの計5カ国6会場で実施。彼女たちはこれを機に、本格的に海外での活動も加速させていく予定だ。

なお今回のツアーは、メンバーとのミート&グリートや限定DVDプレゼントなどの特典が用意されたVIPチケットも公演ごとに数量限定で販売。チケットは明日7月29日17:00(日本時間)に販売が開始される。

"Brand New MAID" Release Tour World Series
2016年10月9日(日)メキシコ SALA2016年10月12日(水)イギリス Underworld2016年10月13日(木)ドイツ MTC2016年10月15日(土)ドイツ Headcrash2016年10月16日(日)フランス La boule Noire2016年10月19日(水)ポーランド Hydrozagadka

最終更新:7月28日(木)23時34分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。