ここから本文です

「がきデカ」こまわり君Tシャツなど、山上たつひこ原画展グッズが通販開始

コミックナタリー 7月28日(木)23時41分配信

山上たつひこ「がきデカ」「光る風」などのオリジナルグッズが、スパンアートギャラリーのサイトで通信販売されている。これらのグッズは先日開催された「山上たつひこ原画展」で販売されていたもの。

【この記事の関連画像をもっと見る】

グッズは全5種類。代表作である「がきデカ」からはこまわり君、栃の嵐のイラストが描かれたTシャツと、一発ギャグの「八丈島のきょんっ」「あふりか象が好き!!」が描かれたクリアファイル2種セットを販売。そのほか「光る風」のイラストが描かれたポケット付きクリアファイルとポストカードのセットや、「がきデカ」「喜劇新思想大系」「半田溶助女狩り」「快僧のざらし」「JUDOしてっ!」のイラストが描かれたポストカード8枚セットも登場した。

これらの原画展用グッズのほか、河出書房新社の文藝別冊シリーズ「山上たつひこ 漫画家生活50周年記念号」も、非売品のポストカード付きで販売中。さらに原画展で販売されていた直筆原画やマンガ原稿、カラーイラストも購入できるようになる予定だ。期間中、原画展に行けなかった人はこの機会に購入を考えてみては。

最終更新:7月28日(木)23時41分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。